スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北希望コンサート、とてもすばらしいコンサートでした。

5月29日(水)に、「東北希望コンサート」を本校で実施しました。出演者は、ボーカルグループJIVE。JIVEのみなさんには、「夜空ノムコウ」、「Honeybee」、「CMソングメドレー」などを歌っていただきました。
大野小・熊町小の児童とJIVEのみなさんが、歌をとおして絆を深めたとてもすばらしいコンサートでした。
合唱部は、コンサートのお礼にJIVEのみんさんに「花は咲く」の合唱をプレゼント。合唱部の心のこもった歌声にみんなが感動しました。

ボーカルグループJIVE(ジャイブ)によるコンサート


「コーラス遊び」では、全校生で歌いました。


JIVEのみなさんに、全校合唱「さんぽ」と合唱部による
「花が咲く」の歌声をプレゼント


JIVEのみなさんから「ポップな校歌」をプレゼントして
いただき、一緒に歌いました。


最後に、JIVEのみなさんと記念撮影

スポンサーサイト

合唱部員20名は各種大会、コンテストに向けてがんばっています。

昼休みの体育館では、大野小・熊町小合同合唱部が明日5月29日の「東北希望コンサート」と7月30日のチャリティーイベント「Message2013」で披露する歌を練習しています。本校の合唱部は、新年度の部員募集で20名となりました。児童数の減少から、大会等に参加できるだけの部員が集まるかどうか心配でしたが、何とか今年も各種大会やコンサートに参加できそうです。指導している先生方、そして、子どもたちに心からエールを送りたいと思います。

昼休みの練習の様子①


昼休みの練習の様子②


昼休みの練習の様子③


昼休みの練習の様子④

ソプラノ歌手小野友葵子さんに花の苗とミニコンサートをプレゼントしていただきました。

5月27日(月)に、ソプラノ歌手小野友葵子さんから花の苗とミニコンサートをプレゼントしていただきました。小野友葵子さんは「『被災地にお花と笑顔を!』プロジェクト」を主宰していて、昨年度から本校に花の苗の支援とミニコンサートをしていただいています。花の苗は、小野友葵子さん、久保万里子さん(ピアニスト)と一緒に3年生が植えました。午後には、ミニコンサートを全校生で楽しみました。コンサートでの子どもたちの笑顔はとても素敵でした。子どもたちに心温まるプレゼントをしていただいた小野友葵子さんに心より感謝申し上げます。


大野小学校3年生代表からのお礼の言葉


小野友葵子さんと久保万里子さんと一緒に花の苗植え


みんなで記念撮影


小野友葵子さんのミニコンサート


小野友葵子さんのすばらしい歌声に感動


「100%勇気」を歌う大野小・熊町小児童


最後は、小野友葵子さんとハイタッチ

「美文朗誦」を活用して名文の暗唱を行っています。

本校では、音読テキスト「美文朗誦」に掲載している詩や小説、古典等の名文を児童が暗唱する取組みを行っています。この「美文朗誦」は、名文の音読等をとおして、国語力、読解力、語彙力を育むとともに、人間としての生き方を考え、豊かな心を育むことを目的に、福島県教育庁相双教育事務所が中心となって発行した音読テキストです。
家庭学習や「朝の読書」などで練習して覚えた児童は、校長の前で暗唱します。そして間違えずに暗唱できたら合格です。合格した児童には、「美文朗誦認定証」を授与しています。現在がんばっているのは4年生です。

音読テキスト「美文朗誦」


4年児童が山村暮鳥の「風景」を暗唱


大野小・熊町小の図書室で記念撮影

「野口英世博士をたたえるつどい」に参加しました。

5月20日(月)、大野小学校・熊町小学校6年代表5名が、「野口英世博士をたたえるつどい」に参加しました。会津若松市大町の野口英世青春広場で開催されるこの「つどい」には、市内の小・中学生の代表が参加し、野口博士の偉業に思いをはせます。大熊の子どもたちには、どんなに困難な状況にあっても、野口博士のように夢や目標に向かって努力していってほしいという想いをあらたにした「つどい」でした。


野口英世青春広場


大野小学校児童代表の献花


「つどい」終了後の記念撮影

修学旅行で三郷小学校に訪問しました。

5月17日(金)、本校の6年生は新潟県に修学旅行に行きました。この修学旅行の際に、震災直後から支援していただいている新潟県東蒲原郡阿賀町立三郷小学校に、御礼の気持ちを伝えるため訪問しました。2年前から、先生方が夏休みを活用して花壇の草むしりなどのボランティア活動をしてくださったり、児童のみなさんが資源回収等の収益金で購入した本を寄付してくださったりと、三郷小学校のみなさんには大変お世話になっております。「いつかは、こちらからうかがって直接御礼をしたい。」と思っていましたが、今回の修学旅行で実現しました。

三郷小学校の先生方や児童のみなさんには両校の交流の集会を開いていただきました。両校代表のあいさつやプレゼント交換、自己紹介を書いた名刺の交換、最後には全員で記念撮影を行いました。忙しい中、わたしたち大野小・熊町小を迎えていただいた三郷小学校のみなさんに感謝いたします。


花のアーチでの出迎え


本校児童代表による御礼の言葉


プレゼントの交換


三郷小学校児童代表による支援活動の紹介


大野小・熊町小6年生と三郷小全校生徒の名刺交換


全員で記念撮影


見送り


三郷小学校からいただいたステッカー

5年生が宿泊活動に出発しました。

宿泊活動の出発式の様子


児童代表が宿泊活動のめあてを発表


町のスクールバスで出発

本日5月16日(木)に、大野小学校・熊町小学校の5年生が、会津自然の家での1泊2日の宿泊活動に出発しました。出発式では、管理人からのお話(友だちのよさを発見すること、来たときよりも美しくを実践することの2つを話しました。)のあと、両校の児童代表が宿泊活動のめあてを発表しました。宿泊活動では、野外炊飯、キャンプファイアー、フィールドワークなどを行う予定です。

6年生が1年生に読み聞かせをしました。

6年生による読み聞かせ①「ふしぎなキャンディーやさん」


6年生による読み聞かせ②「はらぺこおおかみとぶたのまち」


6年生による読み聞かせ③「おまえうまそうだな」


6年生による読み聞かせ④「つきよのくじら」


読み聞かせに聞き入る1年生

5月16日(木)の6校時に6年生が1年生に読み聞かせを行いました。6年生は大型絵本を使って上手に朗読することができました。まだまだ上手に読めない1年生にとって、6年生の読み聞かせはよいお手本となりました。

小学生陸上競技交流大会相双地区予選

6年男子100メートル Sくんのスタート


6年男子100メートル Hくんのスタート


女子4×100mリレー 第1位

5月11日(土)に行われた全国小学校陸上競技交流大会福島県選考会相双地区予選会に参加しました。子どもたちは、練習の成果を発揮して自己ベスト更新の力走を披露してくれました。女子4×100mリレーは、第1位で県大会出場。男子100mの男子1名も県大会に出場が決まりました。県大会は、7月7日(日)に福島市の信夫ヶ丘陸上競技場で行われます。子どもたちを送迎してくださった保護者の皆様、ありがとうございます。

会津大学短期大学部グラウンドで卒業生に会いました。

母校の後輩の練習を見守る大熊中学校1年生

陸上部が練習した会津大学短期大学部グラウンドのすぐ隣に大熊中学校の仮設校舎があります。今年3月に大野小学校、熊町小学校を卒業した中学校1年生が後輩の練習にエールを送ってくれました。陸上部の指導者の中に前6年担任がおり、1ヶ月ぶりの再開に担任も中学生も大喜び。楽しい中学校生活の様子を聞かせてもらいました。

陸上部が大会に向けて練習をしました。

陸上部顧問のアドバイスを聞くリレーのメンバー


第2走者から第3走者へ


第3走者から第4走者へ


第1走者のスタート


男子100mの練習

本校陸上部は、5月11日(土)に南相馬市の雲雀ヶ原陸上競技場行われる全国小学生陸上競技交流大会福島県選考会相双地区予選に出場します。出場種目は、女子4×100mと男子100mです。この大会に向けた練習を会津大学短期大学部のグラウンドで行いました。いつもは、2時間目終了後の休み時間や昼休みの僅かな時間に練習を行っていますが、今回は広々としたグラウンドで、1時間30分たっぷりと練習を行うことができました。グラウンドを貸してくださった会津大学短期大学部関係者の方々に心から感謝いたします。

生活科で学校探検を行いました。

生活科の学校探検


1年生のお世話をする2年生


初めての校長室に興味深げな1年生

5月2日(木)の1年生の生活科は、学校探検でした。一つ先輩となった2年生は、1年生を上手にお世話しながら学校を案内することができました。

放課後支援、今回は紙芝居です。

5月1日(水)の放課後支援…大熊町の民話の紙芝居


大熊町ボランティアセンターの方


大熊町民話「蛇ばみが淵」より


八王子市立石川中学校の生徒さんが作成した紙芝居

毎週水曜日の6校時の時間に行っている大熊町ボランティアセンターの方による「低学年放課後支援」。今回は、大熊町の民話紙芝居でした。この紙芝居は、大熊の子どもたちを元気づける目的で、八王子市立石川中学校の生徒のみなさんが作成し、寄贈してくださったものです。大熊町を離れて3年目をむかえている子どもたちに、大熊町の伝統や文化などを伝えていくことも大切なことです。

避難訓練を実施しました。

消防署員の方からのご指導


教職員による初期消火訓練

5月1日(水)に今年度1回目の避難訓練は、「地震発生後に火災が発生」という想定で行いました。大熊の子どもたちは、3.11を経験しているのでこのような訓練は真剣に取り組みます。「避難開始」の放送から第一避難場所の校庭南側での点呼終了まで、わずか2分07秒でした。後半は、初期訓練を行い、消火器の使い方や消火器による消火の方法を学びました。

プロフィール

管理人

Author:管理人
福島県双葉郡大熊町立大野小学校ブログへようこそ!
大野小学校は2011年4月19日より、以下の場所で再開しています。
〒969-3411 会津若松市河東町大田原字村中186(旧河東第三小学校)
TEL:0242-75-2350
FAX:0242-75-2352

大熊町立大野小学校
最新記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。