スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大熊中学校の卒業式に行ってきました。

本日3月13日(木)は、大熊中学校の卒業式でした。この卒業生56名は、小学校の卒業式の前に震災に遭い、小学校での本来の卒業式ができませんでした。会津若松の仮校舎で3年間の中学校生活を送りました。厳しい環境の中でも前向きに頑張ってきた生徒たちです。すばらしい式でした。



式歌を歌う卒業生…大熊を想い、「ふるさと」を歌いました。

スポンサーサイト

来週は卒業式です。

来週20日(木)は、本校の卒業証書授与式です。会場作成が済み、明日14日(金)から全体練習が始まります。体育館の窓には、「卒業おめでとう」のパネルが貼られました。これは、4年生担任が作成したものです。学校全体で6年生の卒業を祝う準備か進められています。


放課後支援がありました。

3月12日(水)、本日の放課後支援は、紙飛行機づくりでした。大熊町のボランティアの方々から作り方を習って、実際に飛ばしました。よく飛ぶ飛行機に子どもたちは大喜びでした。




卒業式の会場準備を行いました。

3月12日(水)5校時目、来週に行われる卒業証書授与式の会場作成を行いました。大野小・熊町小の5年生と教員、そして、キッズサポート熊遊隊のみなさんにも手伝っていただきました。5年生児童も熊遊隊のみなさんもよく動いてくれたので、思ったよりも早く終了することができました。5年生は、最高学年としての自覚が出てきたことを感じさせる働きぶりでした。
このあと、ほぼ完成した会場で、6年生が式の練習を行いました。6年生もさらに気持ちが入ったようです。
卒業証書授与式は、3月20日(木)9時45分からです。

本校5年児童と熊遊隊のみなさんが協力して作業を行いました。


卒業生が歩く「花道」をきれいに整えています。


卒業証書授与式は、両校が合同で実施します。


会場が完成し、さらに気持ちが入りました。


卒業生が歌う式歌を聞き、目頭が熱くなりました。

「追悼と震災からの復興を誓う集会」を実施しました。

3月11日(火)、東日本大震災から3年を経過したこの日、「追悼と震災からの復興を誓う集会」を実施しました。大野小・熊町小の全校児童と両校の教員が犠牲になられた方々へ黙祷をささげたあと、私からこの集会の目的と震災とそれに伴う原発事故を経験した子どもたちに考えてほしいことを話しました。
「校長講話」の概要
① 震災や原発事故、そして離ればなれになった友だちのこと、生まれ故郷大熊町を忘れず心にとめておくこと
② 会津若松市や学校のある河東の方々、様々な支援をいただいた方々への感謝の気持ちをもつこと
③ 震災や原発事故によって避難生活をしているつらい経験をバネにして、夢や目標を実現するために力強く、前向きに
 生活すること

私の話のあとに、学年代表児童が「夢や目標」を発表し、最後に大野小・熊町小の6年生代表児童が「誓いの言葉」を述べました。
「誓いの言葉」
平成23年3月11日。あのおそろしい東日本大震災が発生しました。巨大地震、そして、大津波。私たちの周りのたくさんの人々がその犠牲となりました。
さらに、原子力発電所の事故により、ふるさとから逃げ出さなければなりませんでした。私たちは、あちらこちらと避難しながら、ここ、会津の地へ集まりました。
廃校になっていた校舎をお借りしての学校生活は大変なこともありますが、大熊町、会津若松市、河東の皆様、日本全国、そして、世界中の方々のご支援のおかげで、少しずつ元のような学校生活に戻りつつあります。
3年前の今日、とても悲しい出来事がありましたが、私たちは、あの日から今日までの、悲しかったこと、つらかったこと、くやしかったことや、感謝の気持ちを忘れず、犠牲になられた方々の分まで、勉強や運動に、一生懸命に取り組んでいきたいと思います。
そして、将来、大熊町や福島県の復興の力になれるよう、毎日をしっかりと過ごしていくことを誓います。


「夢や目標」を発表する学年代表児童


「誓いの言葉」を発表する両校児童代表(6年生)




三郷小学校から本をいただきました。

3月10日(金)、新潟県阿賀町立三郷小学校の5・6年のみなさんが来校しました。震災後から、毎年2回本校に来校し、本を寄贈していただいています。今回は、手作りしおり200枚と三郷小学校全校児童からのブックレター(お勧めの本を紹介した手紙)と三郷小学校の児童のみなさんが選んだ本をいただきました。心のこもった継続的な支援にいつも感激しています。心から感謝申し上げます。

本・ブックレター・しおりの贈呈


お礼の言葉を述べる大野小・熊町小児童代表


全員で記念写真


本校図書室に、「三郷小学校コーナー」を設置しました。前回寄贈した本を探す三郷小学校のみなさん

3年生が「ふるさと学習」を行いました。

3月10日(月)、本校の3年生は、大熊町のことを学ぶ「ふるさと学習」を実施しました。講師は、鎌田清衛さんです。鎌田さんから大熊町の伝統芸能や昔話などを教えていただきました。


熊本県学生ボランティアのみなさんが来校しました。

3月10日(月)、熊本県学生ボランティア「キッズサポート熊遊隊」のみなさんが今年度2回目の支援に来てくださいました。震災後から毎年、夏と冬の2回ずつ来校し、子どもたちの学習支援や休み時間の支援をしていただいています。今回は、本日(10日)から20日の卒業式まで2週間の滞在となります。子どもたちに笑顔と元気を与えてくれる熊遊隊のみなさん、本当にありがとうございます。

7名の学生とかしら(熊遊隊リーダーの勝見さん)の計8名の来校です。…くまモンも


熊遊隊のみなさんと6年生の「あいさつ隊」による児童の出迎え


給食を一緒に食べています。…矢印が熊遊隊の学生ボランティアの方です。

6年生を送る会を行いました。Part2

3月7日(金)の「6年生を送る会」の様子Part2です。

5年生の出し物…6年生と対抗長縄跳び


5年生児童代表による贈る言葉


6年生代表によるお礼の言葉


6年生は「ありがとうさよなら」の替え歌を歌いました。


5年生が感謝の気持ちをこめ、6年生一人一人の似顔絵を描きました。

合唱部が復興イベントに参加しました。

3月9日(日)、大野小・熊町小合唱部は、福島県主催「ふくしま復興のつどい 2014 ~希望のあかり~ inあいづ」に参加しました。会津若松市にある福島県立博物館で行われたこのイベントで合唱部は、「世界がひとつになるまで」「夢をかなえてドラえもん」を演奏、さらに大熊中学校ブラスバンド部・特設合唱部と「花は咲く」他2曲を演奏しました。大熊町の児童・生徒は、福島県と大熊の復興そして、お世話になっている会津の方々への感謝の気持ちを届けるため心をこめて歌いました。

出演団体代表のメッセージ…大野小児童代表と大熊中生徒代表


大野小・熊町小合唱部の演奏


大熊中学校との合同演奏


コンサートの最後は、会場のお客様全員と「花は咲く」を歌いました。


博物館の玄関前広場では、キャンドル・ジュンさんプロデュースのキャンドルナイトが行われました。

6年生を送る会を行いました。Part1

3月7日(金)、6年生を送る会を実施しました。在校生が6年生に感謝の気持ちを表しながら素敵な出し物などを行いました。どの学年も心のこもった出し物でとても感動しました。6年生は、あと少しで卒業です。在校生はもちろんのこと本校職員も寂しさを感じています。

1年生の時、「新入生を迎える会」で花のアーチをくぐったことを思い出していることでしょう。


3年生の出し物…6年生と対抗玉入れ


2年生の出し物…6年生としっぽとり鬼ごっこ


1年生の出し物…「おめでとうメダル」のプレゼント・6年生とじゃんけん列車


4年生の出し物…6年生と一緒にリズムダンス

卒業式の練習が本格的に始まりました。

3月に入って、大野小学校・熊町小学校の合同卒業式の練習が本格的に始まりました。3月5日(水)、本日は、6年生が卒業証書授与と「よびかけ」の練習を行いました。今年の卒業式は、新たな企画が2つあります。今年も感動的な卒業式になりそうです。卒業式は、3月20日(木)です。

「よびかけ」の練習


式歌の練習…今日の段階でかなりできあがっています。


証書授与の練習…熊町小の場面
プロフィール

管理人

Author:管理人
福島県双葉郡大熊町立大野小学校ブログへようこそ!
大野小学校は2011年4月19日より、以下の場所で再開しています。
〒969-3411 会津若松市河東町大田原字村中186(旧河東第三小学校)
TEL:0242-75-2350
FAX:0242-75-2352

大熊町立大野小学校
最新記事
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。